読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog

有りの侭

三井寿

久々にリクルートでメンターだった浅岡さんと飲んだ。やっぱりすげえ。Googleマッキンゼーを蹴って直感的にリクルートに入った経歴。あんな人にいつかなって超えたいと本気で思った昨夜。午前中チームでワークして昼そのチームで磯丸入って飲んで笑って夜浅岡さんと飲んで語った昨日だった

 

それで今日、同じチームだったシ同大シス創のニノに昨日話して面白かった話の共有と最近の近況報告をし合った。ニノは理3を上回る点数で理1に入るくらい優秀なやつ。温厚な性格で野心を燃やすタイプではないけど誰よりも出力値が高く信頼できる。まだ大学3年生だしある約束もしたので今後とも楽しみ

 

《概要》

1.万能タイプのツマラナイ人間には死んでもなるな

 

 これは非常に刺さる。

何と無く全部できればいいんじゃねーかって人間思いがちだよな〜

何個0点とってもいいんだ、100点があればという話。その100点を思いっ切り磨いて自分に素直になれよ!、という話。その100点で周りからボールをぶん捕れ、そして点数を決めろって話。出来る事だから、楽しいだろって話。

 

三井寿はバスケ全体はそこそこだが(ファンの方すいません)、3Pシュートだけは負けねえ。万能タイプの山王にいそうなヤツと三井寿が最終局面、大事な時にコートの端でボールを待っている。最終局面だ。これで試合が決まる。

 

自分がポイントガードならどっちにパスをだすか?

 

中々に痺れる表現だ

確実に三井にパスを回す。絶対に三井だ。三井寿。そう、あいつならそれは出来るから。100点じゃなくても周りより優れているから。信頼できるから。誰よりもそれを練習してるから。特化してるから。

 

仕事も同じ場面があるよって話だった。ツマラナイ万能タイプは自分が好きでもねー仕事が回ってきてこなしてて、全く楽しそうじゃない。忙殺されてると。時間を無駄にしていると。要らない無駄なパスばっかり結果的に回ってきちゃうと。

 

強みがあるやつは、

その領域の仕事がバンバン降ってくる。

出来ちゃう、得意だから。

楽しい、出来ちゃうから。

また仕事が来る、出来たのが評判になるから。

 

と最高のサイクルなんだと。自分も早く「職能」を見つけたいね

 

2.そこから導き出した剣道の達人になる為の道程 

 

無意識的に反射神経のように、相手の長所を見抜いて返し打ちをカマス。

それが最近考える人間力の最終段階なんだがいかんせん難しい。当たり前だけどな。

無意識的に、というのがポイント。

日々思ってメモに書いてブログに書いてる段階じゃまだまだ。まあ最初は意識的にやるしかねーから、しゃーねーか。

 

運命は宿命にあらず

 

という言霊もカレから勝手に受け取った私は、日々の強いWill(想い)が遠くない未来にCan(出来る事)になると信じているのであります。

(島田紳助も強く想って信じることが大事とか言ってたな笑 去年YouTubeを漁っていた時期に。因みに彼は寿司屋になると小学生の時に無意識的に思っていたら度々寿司屋に行く度に無意識的に吸収してて、自然と寿司の握り方を覚えてしまったというもの)

 

3.右脳と左脳の話

 

これは、前期ゼミで学んでた禅の話にも通づるもの。いつかこの辺もまとめられたら最高だよなー。

とりあえず大事な概念としては

 

人生素直に生きるコツは右脳に従う

参加するからにはパフォーマンスを発揮する

不自然さに人間は気がつく

 

と。いつも右脳で感じろだと。浅岡さん曰く、いつも右脳で掴み取ったものを左脳で後付してるだけと。左脳の方が人に伝わるから。だから数値とかあえて入れるし、論理性に気をつけると。

 

 

他人の知識の焼き回しじゃなくて自分の言葉で語れるようになりてえ。誰々がこれ言ってました、では無くて、俺がこれを言ってんだよって説得力を出してえ。俺が言ってんだよって。俺が。どこのどいつが言ってることは関係ない。おれはこう考えてこう思ってこう生きてるって。その人生に1ミリも間違いないだろって?胸張れるよなって?

その為には他人が生きてきた経験値を吸収しつつ、色々自分から試さないとダメやな

 

圧倒的主観人生、かかって来いや