読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog

有りの侭

1ヶ月経過

現在就活中である。

 

リクルートスーツを着て就活バッグを持って電車に乗り込む。連日の説明会、SPI対策、OB訪問。正解がないからこそ迷う。どれくらい説明会に参加すれば良いのかもわからないしSPIの自己点数も定かではなく、OB訪問も手応えはまだ感じない。漸く焦燥感と緊張感が自分にもやってくる。

 

遂に自分にとってひとごとだったものが現実としてやってきたな…

 

これが1ヶ月経過してみた率直な感想だ

 

 

周りの就活生をみて思うのが業界を絞りすぎている。たった数ヶ月の就職活動という期間で、業務を経験していないのに自身の仕事の向き不向きを理解することは不可能に近い。皆何処と無く窮屈で就職ランキングでしか就職先を追っていない。アホなんじゃねーかみんな、と心の中でポツリと呟く

 

 

 

 日本の就職活動というシステムの枠の中では 、「いかに生きるか」という自由記述式の問いが、「どの会社を選ぶか」という記号選択式の問いに置き換えられてしまっている。もちろん、選択肢の中にベストな答えがあればそれでいい。でも無いならば、枠からはみ出すしかない。

「夢をかなえるために就職するのではなく、就職するために夢をこしらえる」そんなハリボテを身に纏って手にした幸せでは、人はきっと完全には満たされることはない。それはおそらく、情熱がその心の隅に最後まで巣食う空虚を埋めるからだ。 

 

   

 

東大で航空宇宙工学を学びMITに行かれた大先輩がおしゃった言葉だ。向こうは自分のことを知らないだろう。

幾つ歳を重ねても鴻鵠の大志は消えてない。そんな大人になりてーよ。自分が何者でもないからこそかっこ悪くても吠える。

気持ちで負けたら、気持ちが死んだら人生だめだ。つまらない。

 

一回きりの人生。

敬語を正しく使う、場の空気を読む、お酌をする、そんなガラパゴス的な特殊技能が使えなくとも、何の引け目もなく自分の好きなことに没頭できる場所がある。「自由に生きろ」などというロックの歌詞をいい年をして真に受けるような青くさい奴も、冷笑を浴びることなく夢を追える道がある。

あと二ヶ月。

自分には何が見えるのだろうか。

 

 

 

想いを言葉に、夢を胸に

 

"経験した後が一番熱い"

 

これは間違いなく真理である。

誰がなんと言おうとだ。

鉄は熱いうちに打てみたいな感じだな。

 

最近は辛い事が続き、生きる意味を失うというメンヘラぶりをみせているのが、そろそろ現実を見据えないといけない。決断した以上は。弱音を呑み込んで強気な自分に戻らねば。中々復帰には時間がかかりそうです。

 

・人生について

・広告代理店で実現したい夢

・こないだ参加したインターンで感じた辛さと面白さ

 

この3つのエントリーを書きたいと思っていた"まさにその瞬間"に書けば良かったとやや後悔。

 

書くことで自分を奮い立たせようと思う、24歳なりたての自分でした。

松下幸之助が24歳で起業した事実を知り、絶望しましたとさ

 

f:id:mkm10203nori:20170219205708p:image

努力と変化

島田紳助のXY理論を想起されられる。

 

X:自分の実力

Y:世間(流動的)

 

XとYを巧く合わせていくのがプロ

XとYが偶々バチコーンと合っちゃうのが一発屋

 

ほてはまさんの引用文

----------------------------------------------------

努力っていうと積み重ね・ストック型のイメージがあるけど実はそうではなくて、以下の概念に切り替えることが必要。

「努力とは常に変化し続けること」
=環境や状況に合わせて最適化し続けること
=積み重ねたものすら捨てる覚悟を持つこと
=最適解は常に変化していると理解すること

超絶ハイスキルな起業家が意外とビジネスで当たらなかったり、
そこそこ程度の人が、やる内容・タイミング・周囲の人に恵まれポーンと当たったりすることがあるが、
これこそまさに「変化」がキーであることを表している。

最適解は常に変化するということを鑑みれば、
その時点のスキルや努力の積み重ねなど一要素でしかなく、
いかに適合したタイミングで適合したソリューションをぶつけ続けられるかが成功のキーだと理解できるだろう。

「いかに打席に立ち続けるかが成功への道(by色んな人)」
「野球だと満塁ホームランの4点が最高でもビジネスなら当たれば青天井。なので常にホームランを狙え(byジェフ・ベゾス)」

このような至言に対しても全て説明の付く基礎定理である。

「運が無かった」と言い訳するのは簡単だが、
ではあなたの人生が大した成功に導かれていないのは、
常に変化し続けて、最適解を探してぶつけ続けるという本当の努力をしてきたのか?と問うと意外と違うことが多いだろう。

2〜3回ビジネスで仕掛けをして当たればいいが(そういう人が主に目立つのでそうあるべきと思われがち。これが思考の罠)、
本当に成功するなら100回でも取り組む覚悟を持つことだ。

そこそこの才能でも100回やればそれなりに(少なくとも1回程度はw)当たる。
100回やらずして運のせいにするのは思考停止に過ぎない。
Uberのトラビスなどが分かりやすい例。

なので1〜3回のチャレンジで跳ねなかったことを悔やむ必要はない。本当に悔やむべきは、レイ・クロックのように少なくとも52歳までチャレンジできることは物理的に証明されているにも関わらず、数回程度の失敗で自分の限界に見切りを付けてしまうこと。
特に日本は自己破産しようが何だろうが最低限の生活保証がある素晴らしいチャレンジブルな国w成功するまでチャレンジを重ねればいいだけですね。
(変な筋からお金を借りたり刺されるレベルの個人的恨みを買わなければw)

何度もいうが才能も経験も一要素でしかない。
根本的には最適なタイミングで最適なソリューションを探索するか創出してぶつけることが成功の道筋。
なのでそれを追い求めない限りは少なくとも甘え。

ここでいう青天井とはキャッシュで数十億レベルの話ではない。
サステイナブルで社会的影響のある事業体を作り上げて社会的意義・社会的尊敬・雇用創出と維持・良くも悪くも影響力、などなど総合的に大きなものを作り上げることをいう。
国内だけでも優に数百億規模、というイメージが最低限だろう。
あ、影響力の大きい数億・数十億という事業体もあるが。

盲目的な努力ほど自分に言い訳をしやすく、楽なことは無いということだ。
漫然とした継続は思考の怠惰。
常に変化して最適解を探し続けてぶつけ続けることこそが努力だと理解しよう。
(「チャレンジを重ねればいい」というだけの話でもないのでしっかりとした理解が重要)

まだ足りてない概念だったんで重要な自戒〜

>僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化することだ。昨日と同じ自分でいない。

 

記憶についてポスト

あけましておめでとうございます。

平成29年の29にもうこんなに数字が進んだのかと恐ろしく感じております、1月2日です

今年初ポストは記憶について。

 

■忍法忘却の術

 

2015年は試験があったこともあり記憶について沢山本を読んで実践して検証して回して、それなりに法則とかを見出した一年だった

 

2016年は新しい環境に飛び込んで生の体験を沢山して記憶に衝撃的なことだらけだったし、俺より遥かに頭の良い人たちに囲まれて刺激的なお話を死ぬほど浴びた。

ただ、一つだけ

 

ノートは取っていたし

ブログもこの年はつけるようになったし

ワードに何かとメモをするし

何よりiPhoneMacに死ぬほど毎日メモを流し込んでる

 

ん?

 

なんか昨日話したえらい話忘れてね?

なんか前聞いた社長の話忘れてね?

あれ、あのちょーいけてるサービス名なんだっけ?

あれあれあれ、、、

 

と何かと記憶に、頭に、脳に、刷り込まれていない情報が多すぎたな〜と。

 

振り返ると。。。

 

「頭で記憶するのでなく、心で記憶する」

 

は俺のむっちゃ好きな言葉で二次情報より三次情報よりとにかく生体験!

一次情報おおおお!!と、色々今年も生体験を大事にしてきた。

 

様々なコミュニティにお世話になって議論をして自分の頭で考えてめっちゃメラってめっちゃ汗かいてめっちゃ恥かいた。でもその分沢山学びが深い一年だった。

 

ということで2017年の抱負を

 

■抱負

 「吸収効率に拘り、学びを自分の血肉にする」

 

インプットを大切にアウトプットを大切によく考え主体的に動き、自分なりに自分らしく泥臭くやってみるぞい!

 

 

 

自らの価値

恐らく修士生活の中でFacebookに一回は長い投稿をする事になる。その理想形は頭の中に常にあってその実現に向けて日々行動してる

 

その中でも思考の賜物、素材は間違いなくこのブログや自身のノートに書き溜めているものになるんだろうなきっと。

 

--------------------------------------------------

【アイデアは0からは産まれない話】 

 

日頃から自分が考えている話で、どのアイデアも何かと何かの組み合わせで成り立っているというもの。0から物事が産まれることなんて実際0.002%くらいの確率の話で殆どが組み合わせ。世の殆どを占める分子だって、数十種類しかない原子の組み合わせ。

 

これを理解した上で、圧倒的アウトプットを出せる人は凄いなーと。

 

自分にはまだ成功体験が足りなくて、日々考えて成長する中で1つ経験を通じた腹落ち感を体得したいんだよな〜。

 

腹落ち

 

東大に入って思うのは、思考が腹落ちしてる奴が多い。それは経験を通じて体得してるから

 

わかる

----

理解する

----

出来る

 

何かを取得する際は大抵この3つの段階の壁がある。なんとなくまずわかってから、あっこれ理解したわーってなって、その後出来るようになる。この出来るの先は、出来るから人に教える事が可能になって、教える事による深い理解。この感覚というのが、ストンと無意識に落ちた時初めて自分の血肉になる。このストンを増やしたいよねって話なんです

 

孫正義、名古屋さん、Gunosy福島さん、東大の宮本先生とか皆これを突き詰めて(自分と比較して)クソほど大きな成果を出してやがる。というか先日の忘年会の時、宮本先生に、教授だって他の人と比べて論文の数が圧倒的に頭に入っていてそこから繋ぎ合わせて考察して洞察してアドバイスしてるだけだよって言葉。三上くんと考察洞察能力は大して変わらないって言葉。ただ引き出しの数が圧倒的に違うからアウトプットもめちゃくちゃ違うという言葉。に強い衝撃がきた。

 

まだまだ俺アホっすわ

努力足りないし、頭の回転速度は引けを取るんだから行動力、好奇心、向上心 で負けたらもう終わりなんだよな

 

人の心を動かす、影響を及ぼすに目的意識の1つとしてある自分は様々な業界から知見を得ないといけないよな、まだまだ。まだまだ。

 

先日のフジテレビのインターンでのお題のアウトプットも自分なりにある程度納得感が有ったし、力を発揮したと思う。1番社員さんに目を惹かれた自信はあった。

 

ただ、そのアウトプットの中で

 

"人と同じ観点、スピード、精度"

 

を飛び越えて自分なりのブッとんだ最高の成果を出すには

 

 

楽しみながらインプットアウトプットを回し続けないといけない、って改めて思いました。

いやもういっそ、コミュニティに飛び込んでストレスに耐えながらも強くなるしかないんすわ、ってあらためて思いました。ダーウィン論の強いのは恐竜だけど、生き残ったのは人間。環境変化しながらも自分自身強くならねーとな。 

 

 ゆーたは論理的に考える力、というもので自分の価値を出そうって考えているけど、俺がこれから進む業界は様々なものの組み合わせがもっと広がるはずだから、努力をやめたら死ぬんだよな。いや自分の人生に納得がいくなら死んでもいいんだけど、生きてる時間を大事に付加価値を少しでも出して、自分が生きてる意味を少しでも見出していきてーよ

 

 

就活自体は5月くらいから動き出していて幾つかのサマーインターン・ジョブにも参加し、今はウィンターのそれに向けてと本選考とを並行しながらって形です。選考・セミナー・懇親会・ランチ含めてもうかれこれ40社以上は確実に行ってますね、はい…(笑)というのも、別に自分のこれからの進路に盛大に迷っているとかそういうわけでもなくて、2年生のときから行きたいと思っていたところは今でも強く行きたいと思っているし、このままうまくいけばきっとそこへ行くんだろうなと。ただその一方で純粋な気持ちとして、「論理的に考える」ということに関して他の就活生に負けたくない。そういう強い思いがあります。。”現状を鋭く分析して仮説を立て、それに基づきその企業が次に打つべき施策を提案し、その妥当性をロジック立てて説明する”みたいなよくあるワークのプロセスにおいて、人と同じ観点・スピード・精度でしかアイデアを出せないようではそこに自分の存在価値はないし還元できる付加価値も当然生まれないわけで、そういう人材には決してなりたくないなと。そういう意味で、興味の有無に関わりなく、色んな会社に足を運んでみるのもきっと自分にとっていい経験になるはず。そう思っています。もう本当に学ぶことだらけの毎日だし、メンターの方から頂けるアドバイスのみならず、そこで出会った”こいつすげーな”って思う就活生からいろんなこと聞いたりそこで吸収できるものは何でも貪欲に吸収して、自分の成長スピードを少しでも上げていければ。

引用:秋元ゆーた

--------------------------------------------------

研究回録(前期1)

闇に葬り去られるのも過去の自分の意味がない気もするので、前期考えてたことのスライド〜

 

小川研究室は全国を探しても1%もないくらい超自由な研究室。(その魅力に取り憑かれて迷わず第一志望)。研究テーマが自由だからこそ前期は色々インプットをメインに活動してました

 

50個-100個くらいアイデア考えてたその中でも一押しの3-5案くらいを打診して、最終的に空気砲を用いたARエンタメシステムに決定。

 

下のスライドは研究テーマが決定した時の自分のミーティング用プレゼン。そこから夏休みはコード書いたり空気砲を作成したり結構楽しかったな〜

 
 
後期もとりあえず12/9の成果輪講を無事終わらせてアウトプットを出せるよう頑張りまうす

変人

 

変人

あらゆる分野、あらゆる側面で普通であることを嫌い、たとえ賛同者が少なくとも常に自らの哲学と美学に忠実に生きる人間であること

 引用:片平秀貴

 

この変人の定義、好き